個人を変革する 組織を変革する

ホワイトカラーの本当の生産性とは? ブルーカラーよりも生産性が低い!?

投稿日:


今回の投稿はちょっとだけ刺激的です。

ホワイトカラーの人こそ仕事の生産性に意識を向けるべきなのでは? なんとなーく、オフィス勤務のホワイトカラーの人って工場勤務のブルーカラーの人を単純労働だから・・・って思ってるかもしれないけど、とんでもない!
一つの作業にかかる時間を60秒から40秒にできたら、すごい生産性が上がることがわかっているので、一生懸命に取り組む。だけどオフィスワークだとなんとなく1日がすぎて言ったりして、資料作成する時間を30分でも短縮しようとはあまり考えいないわけです。

前回投稿で、部下と上司の会話の例を書きました。

上司:「これは、こーで、あーで、こうなるから、そうなるよな? わかるよな? やれるか?」

部下:「はい、やれます」 (ムスッとした表情で全然わかっている様子はない)

上司:「よし、わかったらすぐにやってくれ!」

部下:「はい、わかりました」

上司:(心の中で)「ったく、何度言えばわかるんだよー」




たぶん、この部下は言われた通りの仕事はするでしょう。

でも、パフォーマンス(生産性)は著しく低いことが想像できます。

だって、感情としては、わかってませんからね。笑

この後どうなったか?


この部下は、上司に言われたのでその仕事をやります。

で、「例の仕事、終わりました」って上司に報告します。


で、上司はどう答えるか?

  • (A) 「やればできんじゃないか」って答える。
  • (B) 「で、どのくらいの時間がかかったんだ?」って聞く

生産性を意識している上司であれば、絶対に(B)ですね。

僕も、昔、自分の部のメンバーが素晴らしい提案書を書いてきたことがありました。

当時の僕は、(A)タイプでしたね。笑

「すごいじゃん!」で終わってました。

あの時に、

「こんな良い提案書をどれくらいの時間をかけて作ったの?」って聞けばよかったのです。

彼が、「1週間かけて、20時間です」って答えれば、

「まあ、そんなもんかな」

と思ったかもしれませんし、

「ざっと、5時間ぐらいですかね」って答えれば、

「まじ!? その思考方法とまとめ方について部内で共有してくれよ!」ってなったかもしれません。

生産性とは、投入した労働時間に対して得られた成果なので、成果があった時に、その成果をもたらしたリソースはどれくらいだったのか?を常に意識する必要があります。

僕が聞いた話ですが、オフィスで働くホワイトカラーの人達って、工場で働くようなブルーカラーの方々を下に見ている風潮があるけど、それって全く違うよねって話です。

何かしらの製造工程にいるようなブルーカラーの方々って、この部品の配置を変えると一個の部品をセットするのに10秒短縮できるから、1日にすると数千秒が短縮できるなんて話をして、常に改善行動をしているわけです。

ホワイトカラーの人は単純な仕事ではないかもしれませんが、お客様に提案する資料を作るのに、資料作成時間を計測して、前回提案よりは今回、今回提案よりは次回に向けて、より短い時間で提案資料を作成する努力をしているか?と言われると、あまりしていないと思います。

ホワイトカラーの人達の方が、生産性向上に対する意識が低くて、改善する気持ちも無いので、いつまで経っても残業時間が減らないというのです。

日本のホワイトカラー労働者って、生産性向上に対して意識が低いんだよ〜

確かに、IT業界に長くいて
「ある業務に対して、ITツールを入れて業務効率化をします」となった時に、IT導入前の労働時間を計測して、IT導入後の業務時間を計測して、比較する会社がどれほどあるのかな?って疑問に思いました。

あと、僕自身も提案書資料を作成する時間を計測して生産性を高めることなんてしてきませんでした。

で、

  • しょーもない仕事が多い!
  • 残業が減らない!
  • 仕事が多すぎる!

と不平不満ばかりで、ITツールなどで解決策を講じても、それほど労働時間が変わらない・・・・。

なんの話?

って感じですよね。

そんな人に限って、自分の車の燃費が気になってしょうがない。笑

もっと、生産性向上に意識を向けましょう!

そして、「やる気がある人の生産性」と「やる気がない人の生産性」は、全く違うことを意識しましょう!

今回のポイント

ホワイトカラーの人こそ仕事の生産性に意識を向ける
「やる気がある人の生産性」と「やる気がない人の生産性」は、全く違う


ブログを読んでくれてサンクイット!!!

サンクイットは、ポストイットからインスパイアされた造語です。ポストイットは「それを貼る」という意味合いなので、サンクイットは「それに感謝する」という意味です。ポストイットのように、相手の心に感謝を貼ろうという意味もあります。

-個人を変革する, 組織を変革する
-, , , ,

Copyright© 会社や組織をポジティブチェンジ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.