メルマガ 個人を変革する 組織を変革する

ITは生産性向上に繋がってない!?

投稿日:

IT投資はそれなりにやっているのに、それによって生産性が向上しないのは、導入した情報システムをちゃんと使おうという組織的な取り組みがされていないのがポイントなんです!

前回のメルマガで、MITのエリック・ブリニョルフソン教授が、見出したポイントは、

  • IT投資だけしてても意味ない
  • 企業価値が高い企業は、IT投資より組織的投資の方が多い
  • 企業価値が高くない企業は、組織的投資をしていない

ということでした。

ちなみに、IT投資ってどんな目的で行うのか?

色々あるとは思いますが、突き詰めれば生産性の向上です。

  • IT投資をして、成果を最大化する
  • IT投資をして、費やすリソースを最少化する

このどちらかだと思います。

生産性ってかなり重要だと思うんです。

だって、シンプルに考えて、同じ時間働くなら、より大きな成果があったほうがいいし、

同じ成果なら、より少ない時間で達成したほうがいいですよね。

ところで、1人当たりのGDPは、生産性を端的に表すわかりやすい指標です。

1995年と2001年の日本の
1人当たりGDPはこんな感じです。

1994年 40,000ドル
2013年 38,000ドル

約5%、減少してますね・・・。

ちなみに、米国は

1995年 28,000ドル
2013年 60,000ドル

約2倍になってますな・・・。

同じ期間で比較してみると他の先進国は、1.5倍とか3倍という国もあります。

では、生産性を向上させるために投資されてきたIT支出はどうか?

総務省の情報通信白書にある日米のICT投資額推移を見てみると

■日本

1994年 6.7兆円
2013年 16.7兆円

約2.5倍になってますな・・・。

■米国

1994年 1025億ドル
2013年 6230億ドル

約6倍になってますな・・・。

どうやら、

1994年から2013年の間に日本全体でIT投資を2.5倍にしたのに、一人当たりの生産性は5%減った

ということになります・・・。

ちなみに、米国はIT投資を6倍にして、生産性を2倍にしました。

まじで!?

何か他の要因があるんでしょう。

いや、きっとあるはず・・・・。

でも、単純計算だとやっぱり、ITは生産性向上には貢献できていない。

何がいけなかったのか・・・。

ちなみに、2016年で、従業員1人当たりの人材開発にかけた費用は

日本 約37,000円
米国 約125,000円

で約3倍違います。

うーん、ってことは・・・、エリック教授が言ってたのが正しかった?

IT投資するだけじゃなくて、組織的資本にも投資しなければ、IT投資は無駄だったんだ〜〜〜〜ってこと。

若干、悲しい気もするが、これが現実だと受け止めましょう。

システム開発の前に、組織開発!!!

これですね・・・。

-メルマガ, 個人を変革する, 組織を変革する
-, ,

Copyright© 会社や組織をポジティブチェンジ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.