トピックス ポジティブ心理学 メルマガ 個人を変革する 組織を変革する

生産性向上について

投稿日:

前回は、どうすれば、Beingを意識できるようになるのか?ということについてでした。今回は、どうすれば生産性が向上するかです。

ムリムダムラを省くことこそが、生産性向上の基本だ〜と思っているうちは、一向に生産性は上がりません。

生産性とは、投入されるリソースに対してどれほどのリターンを得られるかということなので、分母の投入するリソースを減らすか、分子のリターンを増やすしかないわけです。

そのどちらかに影響を与える方法としては改善かイノベーションのどちらかです。

つまり、以下の4パターンしかないのです。

  1. 改善による投入リソース削減
  2. 改善によるリターンの増加
  3. イノベーションによる投入リソース削減
  4. イノベーションによるリターンの増加

従来の日本企業は、ムリムダムラを省くことが生産性向上の基本だ〜と言ってきたので、要するに(1)の話ばかりだったわけです。

改善による投入リソース削減って、コスト削減なので、
・作業手順の変更
・ファイル管理の方法を工夫する
・ITを使った情報共有

ってなことで、ずーっと続くとなんだか 疲れますよね〜。

一方、
改善によるリターン増加ってことは、売上や利益の向上、売上や利益のための
付加価値向上なので、
・人材研修によるスキル獲得
・パッケージのリニューアル
・Webマーケティングの見直し

ってなことで、投入リソース削減よりは前向きなのだけど、やはり改善と言う
地道な活動なので、やり続けるには根気がいります。

「改善による投入リソース削減」と「改善によるリターンの増加」に必要なことは、社員の
生産性への意識
・主体性
・モチベーション

の3つが必要です。

いくら「改善しよう!」と全社で取り組んでも上記の3つが社員の気持ちと行動に現れなければ、何も起きません。
起きたとしても、それはやらされ仕事で、長くは続きません、

どうすれば、社員が生産性への意識を持ち主体性を発揮し、モチベーション高く仕事をするのか?

これについては、今回投稿では書ききれないので、次回以降で解説したいと思います。

-トピックス, ポジティブ心理学, メルマガ, 個人を変革する, 組織を変革する
-, ,

Copyright© 会社や組織をポジティブチェンジ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.