メルマガ

生産性を向上させるために

更新日:

今日は働き方改革の本丸でもある生産性についてです。

その前にちょっと質問です。

以下の(A)と(B)であればどちらの
成果が品質が良いでしょうか?

(A)社員が得意な仕事をして2時間で出した成果

(B)社員が不得意な仕事をして4時間で出した成果

答えは、
あまり変わらない・・・。
もしかしたら、
(A)の方が品質がいいかも・・・

って感じでしょうか?

もし、同じ成果だとして、
(A)の給与と(B)の給与が
一緒だとしたら、
どちらの生産性が高いでしょう?

当たり前ですが(A)ですよね。

例えばこの3連休前に、A君とB君にお願いした企画書を
両名は頑張って、休日返上でやり遂げたとしましょう。

成果としては同じようなものでした。

なので、頼んだあなたは
「えらい、よくやった!」
とほめるでしょう。

で・・・おしまい!?

ところが、
「ちなみにこの企画書って
どれくらいの時間かけて作ったの?」
って聞くと、

A君は、5時間です。
B君は、24時間です。

って答えました。

はたして、お願いしたあなたは
A君とB君をどう評価するでしょうか?

企画内容の違いやA君とB君の能力や
背景の違いなどもあると思います。

でも、最初にやることは、B君にA君のやり方を教えることです。

小さなことですが、成果に対して、
「どれくらいの時間かけて作ったの?」
という質問をするだけで、次の行動はかなり違います。

今は、本当に人材不足だと言われています。

どんな会社も人材採用に必死です。

でも、生産性の向上をするために
上記のような考え方をすることも大事です。

100名の会社に、10名の新人を採用するより、

100名の従業員の生産性を、
10%アップすることの方が大事ですし
多分費用も少なくて済みます。

生産性向上は組織的な課題です!

組織がポジティブであれば、生産性が高くなる
という研究結果が出ています。

皆さんの組織でもぜひポジティブな
組織になって生産性を上げてみてはいかがでしょうか?

ポジティブ組織の作り方セミナー

日時:8月21日(水) 19時〜(受付 18:30〜)
開催場所:日比谷図書文化館
経営者・事業責任者・人事関連部門の方 参加費無料

 

▼参加お申し込みはこちらからどうぞ▼
無料(経営者・事業責任者・人事関連部門の方)
1万円(上記以外の方)
https://peraichi.com/landing_pages/view/positive-change-seminar

-メルマガ
-,

Copyright© 会社や組織をポジティブチェンジ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.