イベント情報 トピックス ポジティブ心理学

ホメホメワークショップ体験セミナー『11月14日(木)』

投稿日:

今日は、ホメホメワークショップのご案内です。

社員や従業員をホメると生産性が上がります・・・。
でも、それが本質じゃないんです!

多くの人が「社員従業員をホメることで生産性が上がる」と思っています。
確かに上がります。

多くの人がサンクスカード見たいな試みをすれば会社の雰囲気がよくなると思っています。

確かにそうなのですが、ホメる以上に本質的な施策がなければ一時的な楽しい職場で終わってしまうのです。
その本質的な話とは何かをお伝えします。

どうホメるか?

ホメると、素直に「嬉しいです!」って喜ぶ社員・従業員もいれば「どんな理由でホメてるんですか?」ってなる人もいます。

叱っても「悔しい、よし次からは頑張ろう!」って奮起する社員・従業員もいれば、落ち込んで明日から出社しなくなってしまう人もいます。

この差はなぜ起きるのでしょうか?
個人個人の性格の問題でしょうか?

 

なにをホメるのか?

君ってイケメンだよね! 君って可愛いよね! 背が高くて見栄えがいいよね!とホメてもイマイチだったりします。

君っておしゃれだよね! 優しい性格だよね!ってホメてもイマイチだったりします。

可愛い、イケメン、背が高いなど本人の努力と関係ないことだけをホメても相手にとっては当たり前だし、そればかり言われてきたので、ネガティブに捉えることだってあります。

また、ファッションセンスや性格を言われても、誰にどのように言われるかによって全く違ってしまいます。

パワハラ・セクハラの多くにやっている側に認識が薄いのは「本当にそんなつもりは無い」ということが問題なのです。

尊敬できるいつも陽気な先輩に言われるのと、陰気でいつも人の悪口を言っている人に言われるのでは全く違う結果になってしまいます。

 

サンクスカードやオンライン版を使ったけどすぐに効果が薄くなった。

モチベーションアップのために行う施策として、互いにホメたりポイントを渡し合うことを行なっている組織もありますが長続きしない会社も多いのです。

ホメたりポイントを渡し合うことは、一時的な効果は間違いなくありますが、継続的な活動にするためには、もう一工夫が必要です。

ホメあって楽しくなることで、組織が活性化するわけではないのです。

 

重要なポイントは?

重要なポイントは、組織内の人間関係の質なのです。

人間関係が無いのにホメられたりしても嬉しくなかったり、自分のことをよく知らないのにホメられても嬉しくないのです。

マサチューセッツ工科大学のダニエル・キム博士は、組織の成功の循環モデルを提唱しています。

どのようなモデルかと言いますと、組織内の人間関係の質が高まると思考の質がよくなります。

物事を前向きに考えられる思考の質は行動の質を高めます。つまり前向きな行動が多くなります。

前向きな行動が高まれば当然のことながら結果の質が良くなります。

しかし、多くの組織は結果の質を求めます。つまり、業績や売上などの結果を求めます。

これは組織としては当たり前の行動なのですが、結果だけを求めると、もし結果の質が良く無くなると、途端に犯人探しなどが始まって関係性の質が悪くなります。

そして、関係性の質が悪くなれば思考の質が悪くなり、後ろ向きであったり、誰かのせいにすることにもなりかねません。

そうなれば、やっても無駄だと考えたり、自分だけがやるのは損だと思い行動をしなくなるので行動の質が悪くなります。

同じ4つの質(関係の質、思考の質、行動の質、結果の質)でもどの質にインパクトを与えるかが重要になります。

 

以下のような課題を抱えている方が受講の対象です

典型的な課題

  • 社内の雰囲気を良くしたい方
  • 社内コミュニケーションを改善したい方
  • 従業員のモチベーション開発がうまくいかなくて困っている方
  • セクショナリズムでコミュニケーションが悪いのを改善したい方
  • 人材開発や組織開発に関わっているが具体策に苦慮されている方
  • 離職回避施策のヒントを得たいと思っている方

 

ホメホメワークショップ体験セミナー

体験セミナーにご興味がある方はお気軽にお越しください!

11月14日(木)19時(18:30受付開始)

開催場所:日比谷図書文化館
(東京都千代田区日比谷公園1-4)
■東京メトロ 丸の内線・日比谷線「霞ヶ関駅」B2出口より徒歩約3分
■都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分
■東京メトロ 千代田線「霞ヶ関駅」C4出口より徒歩約3分
■JR 新橋駅 日比谷口より 徒歩約10分

参加費:無料(経営者、マネージャー、組織開発・人材育成に関わる方以外の方は1万円)

 

前回セミナーに参加されたお客様の声

  • 人事部の方
    このセミナーで役に立つなと思ったことは、人事として採用や教育において非常に役立つと思ったことです。そして、周りを見ることの重要性に改めて気付かされたことです。
  • 製造業 MK様
    誉めるというワークはやってみないとわからないですが、やってみるとその重要性がわかりました。時間が経つのが早く感じました。これは部下の育成にすごくいいです。
  • 経営者 IN様
    コミュニケーションが良くなるという方法は会社組織だけでなく家庭でも応用できると思いました。誉められるもの誉めるのも気持ちいいので、これからはホメ妻になろうと思いました。
  • 経営者 KY様
    実際にワークをすることで内容がインタラクティブに理解できました。誉める文化を草の根の現場レベルから広げて行きたいです。
  • 経営者 TY様
    誉める」前に「認める」と言う発見は重要でした。実際に誉めるワークは日本人には経験が少ないので大変有意義でした。
  • 経営者 NA様
    企業経営にとって社員の幸せ、働きがいが重要だと言うことを再認識することができました。まずは自分自身が誉めていないことを実感したので、自分が実践することが必要だと感じました。ありがとうございました。

 

私たちの使命と価値観

 

 

 

 

 

 

 

社会をポジティブに変革する

私たちの使命は、みんなが笑顔で誇り高くエネルギッシュに働いて仕事やチームから活力を得て
楽しく生活できるようなポジティブな文化を組織にもたらすことです。

私たちが大切にしている価値

私たちが大切にしている価値は、認めること、感謝すること、ポジティブであることです。

多様性の重要性が叫ばれる中、組織において、各人の個性が認められることも少なく、
人々の存在や行動を当たり前だと思い感謝することも少なく、
自分や他人の欠点や不足している点ばかりを見てしまいます。

私たちは、各人の個性を認め、人々の存在や行動を当たり前だと思わずに感謝し、
他人の長所や持っていることに着目することが大切な価値だと信じていますし、
そんな社会になればいいなーと真剣に思っています。

 

セミナー開催概要

名 称 ホメホメワークショップ体験セミナー
日 時 2019年11月14日(木)19:00〜21:00
場 所 日比谷図書文化館 セミナールームA
主 催 株式会社サンクイット
参加費用 無料(経営者、マネージャー、組織開発・人材育成に関わる方)
1万円(その他の部門の方)
お問い合わせ info@thankit.com
懇 親 会 体験会の終了後にヒント&ティップスではなく、イギリスのフィッシュ&チップスのパロディーで「ヒント&チップス」として、ご自身の組織や人材に関する取り組みや課題方法の共有などを目的として、ざっくばらんに会話できる場を設けています。遅い時間のスタートなので、長い時間はできませんが、居酒屋などで軽く一杯やる感じです。参加費は実費ですが概ね2500円程度を予定しています。

 

講師紹介

寺澤 慎祐  
株式会社サンクイット 代表取締役

ポジティブ心理学、ホールシステムアプローチ、ポジティブアプローチに造詣が深く、英国ウェールズ大学ビジネススクールや中央大学にて組織行動論やリーダーシップ論・人的資源管理を教える。

太田 哲二  

株式会社サンクイット バイスプレジデント
漢方修士や鍼灸師の資格を持ち東洋医学にも造詣が深い。 NPO日本プレゼンテーション協会副理事長、 立教大学などいくつかの大学でリーダーシップ、プレゼンテーションなどの講師をつとめる。

 

懇親会のご案内

ヒント&チップス(懇親会)にもご参加下さい! 楽しいですよ!

本当はヒント&ティップス(ヒントと助言)なんでしょうけど・・・。
僕らはヒント&チップス(ヒントとポテト)にしています!(笑)

セミナー終了後にヒント&ティップスではなく、イギリスのフィッシュ&チップスのパロディーで「ヒント&チップス」として、ご自身の組織や人材に関する取り組みや課題方法の共有などを目的として、ざっくばらんに会話できる場を設けています。遅い時間のスタートなので、長い時間はできませんが、居酒屋などで軽く一杯やる感じです。

参加費は実費ですが概ね2500円程度を予定しています。

追伸:採用より育成

経営者や人事部の方々に聞くと「課題は採用」って言います。

確かに、優秀な人材を採用するのは大変だし、自社にフィットする人材となるともっと大変だと思います。

でも、ちょっと考えて欲しいのです。

どんどん採用しても退職してしまい、欠員が出るのでまた採用・・・という悪循環の元凶は”退職してしまう”からです。

同じ努力をするのなら、自社の哲学や世界観や価値観が同じというような最低限の条件だけで採用して、採用した従業員を育成して、働きがいや、モチベーションや成長意欲の向上に力を注いだ方が良いと思うのです。

人材こそが組織の要であることは間違いありません。

今いる社員・従業員の方々が笑顔で楽しく意欲的に働いてもらう環境作りが一番だと思うのです。

バスタブにお湯を入れる前に底の栓の蓋をしましょう!

 

 

-イベント情報, トピックス, ポジティブ心理学
-, ,

Copyright© 会社や組織をポジティブチェンジ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.