イベント情報 メルマガ

おしゃれオフィスって実は生産性が低いって話

投稿日:

今日は、「おしゃれなオフィスって実は生産性が低い」ということを書きます。

おしゃれなオフィスって、どんなイメージですかね?

ソファ席、バーカウンター、和室・囲炉裏
フリーアドレス、フレキシブルテーブル・・

なんとなく「オープン」なデザインだと、
様々な会話が生まれ、創造性が高まり、生産性が高まる気がします。

でも、実際は逆で、壁や間仕切りを取り払った「オープン」な設計だと、生産性が低下するようです。

英王立協会が発行する学術論文誌に発表された研究によると「オープン」な設計だと
従業員同士の直接のやりとりは、時間換算で70パーセント減少し、
電子メールやメッセンジャーの量は、22〜56パーセント増加したそうです。

以前から、オープン型のオフィスが従業員達の間では不評で、以下のような感覚があるようです。

  • 周囲の音など注意力を削ぐ要因が多い
  • ヘッドフォンをして自分の殻に閉じこもる
  • 生産性が低下する
  • プライバシーがなくなる
  • 監視されているような感覚
  • 仕事しているふりをしてしまう
  • メンバーがフリースペースに散らばる

なぜ、そうなるのかは明確にわかっていないそうですが、

ハーバード大学の研究者は、従業員は職場では他者とのコミュニケーションを
制限したいのではないかと示唆しています。

仕事をするうえで適切な環境をつくるには、
ある程度の「境界」が必要になのではということだと思います。

グループだとしても、チームだとしても、
生産性や創造性を向上させるためには、
チームメンバーがそれぞれ、自分がそのグループやチームに帰属しているという意識がとても重要で、
そのためには心理的な境界があるのが望ましいということです。

もしかしたら、物理的な境界を無くしてしまうことで、
心理的な境界も無くなってしまい、
チームへの帰属意識が薄れて生産性や創造性が低下するのかもしれませんね。

でも、カフェの雰囲気のような「オープン」なデザインの良い点もあります。

一体、生産性と創造性を高めるオフィスのデザインとは、
どのようなデザインなのでしょうか?

そんなことを考えるためのワークショップを
12月3日(火)に開催します。

是非お越しください。

 

おしゃれなオフィスがチームをダメにする?

ご興味がある方はお気軽にお越しください!

おしゃれなオフィスがチームをダメにする?
〜オフィスが組織文化を創り、組織文化がオフィスを創る〜

12月3日(火)14:00~17:30(受付開始 13:30)

開催場所:目黒さつきビル
東京都品川区西五反田3-2-13 目黒さつきビル

参加費:無料

今なら参加された方に「ポジティブ心理学を使って楽しみながら成果が出るチーム開発」のホワイトペーパーを差し上げます!

 

 

ホメホメワークショップ体験セミナー

こちらの体験セミナーにご興味がある方はお気軽にお越しください!

11月14日(木)19時(18:30受付開始)

開催場所:日比谷図書文化館
(東京都千代田区日比谷公園1-4)
■東京メトロ 丸の内線・日比谷線「霞ヶ関駅」B2出口より徒歩約3分
■都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分
■東京メトロ 千代田線「霞ヶ関駅」C4出口より徒歩約3分
■JR 新橋駅 日比谷口より 徒歩約10分

参加費:無料(経営者、マネージャー、組織開発・人材育成に関わる方以外の方は1万円)

 

-イベント情報, メルマガ
-,

Copyright© 会社や組織をポジティブチェンジ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.